地方自治体別の子供・青少年の身体活動に関する報告2017

“The 2016 Japan Report Card on Physical Activity for Children and Youth” (日本の子供・青少年の身体活動に関する報告2016)では、国全体の状況を示しました。今後、実際に日本の子供・青少年の身体活動促進に活かしていくには、国全体の状況を示すことに加えて、国内各地域の実情に応じた具体的な対策を、都道府県や市町村等の単位で講じるように促すことが必要不可欠であると考えられます。

そこで、有志が集い、地方自治体の子供・青少年の身体活動を促進するために、”Japan Report Card”の指標および枠組みに基づき、地方自治体別に公表されたデータを用いて幾つかの指標について等級付けした通信簿作成に着手しました。この通信簿の作成を通じて、子供・青少年の実態を明らかにするのに加え、子供たちを取り巻く環境を評価・検証することで、身体活動促進に向けた適切な環境整備の一助にしていきたいと考えています。

公益財団法人 中冨健康科学振興財団の平成28年度(第29回)研究助成(田中千晶, 岡田真平, 安部孝文)、平成29年度健康・体力づくり事業財団健康運動指導研究助成(岡田真平, 安部孝文, 上田憲嗣, 田中千晶)、桜美林大学などの研究支援により、地方自治体別の子供・青少年の身体活動に関する報告2017の作成・公表を予定しています。

 

有志メンバー:
“地方自治体別の子供・青少年の身体活動に関する報告”作成メンバー

■北海道・東北地方

鈴木和弘(M.S.)
山形大学地域教育文化学部 山形県体育協会理事,中学校・高等学教諭専修免許状(保健体育)

 

■関東地方

池田美樹(M.S.)
桜美林大学心理・教育学系 臨床心理士,精神保健福祉士
森丘保典 (M.S.)
日本大学スポーツ科学部, 日本オリンピック委員会強化コーチ(陸上競技)
日本陸上競技連盟科学委員会副委員長
岡浩一朗 (Ph.D.)
早稲田大学スポーツ科学学術院
田中千晶 (Ph.D.)
桜美林大学総合科学系, 元日本代表シンクロナイズドスイミング選手
レクリエーション・インストラクター
目加田優子(Ph.D.)
文教大学健康栄養学部管理栄養学科 管理栄養士

 

■中部地方

安藤大輔 (Ph.D.)
山梨大学大学院総合研究部 日本運動疫学会理事,日本体力医学会評議員

 
岡田真平(M.S.)
公益財団法人身体教育医学研究所 中学校・高等学教諭専修免許状(保健体育),健康運動指導士
 
中村和彦(M.S.)
山梨大学大学院教育学研究科 文部科学省中央教育審議会専門部会委員,
スポーツ庁全国体力・運動能力、運動習慣等に関する検討会委員
 


■近畿地方

上田憲嗣(M.S.)
立命館大学スポーツ健康科学部 中学校・高等学教諭専修免許状(保健体育)
村田トオル(M.S.)
大阪青山大学健康科学部子ども教育学科 健康運動指導士,スポーツプログラマー

 

■中国・四国地方

安部孝文(M.S.)
島根大学地域包括ケア教育研究センター 小学校教諭専修免許状
中学校・高等学教諭専修免許状(保健体育)
奥田昌之(Ph.D.)
山口大学大学院創成科学研究科 医師

 

■九州・沖縄地方

高倉 実(Ph.D.)
琉球大学医学部保健学科

 

“地方自治体別の子供・青少年の身体活動に関する報告”協力メンバー

■中部地方

渡邉真也
公益財団法人身体教育医学研究所 中学校・高等学教諭免許状(保健体育),幼少年体育指導士

 

■中国・四国地方

鈴木郁
山口大学医学部 理学療法士
西川喜久子
雲南市健康福祉部身体教育医学研究所うんなん 中学校教諭免許状(保健体育), 健康運動指導士

 

■九州・沖縄地方

喜屋武 享(M.S.)
琉球大学大学院保健学研究科 中学校・高等学教諭専修免許状(保健体育)